開業資金をどう用意するか?

起業すると言っても、先立つものが無ければ、実際に起業は難しいですし、選択肢も絞られてしまいます。

その為、私は起業タイミングまでに開業資金として最低でも350万円という金額は用意したいと考えておりますが、現時点では残念ながら余裕資金は100万円程度しか持っておりません。

ではどうするか?ですが、私は幸いにも現職があり、来年12月までという期限を考えますと、ボーナスが3回は支給される予定です。仮に1回当たり50万円づつを貯蓄に回したとすると、150万円という金額は開業資金に回すことが可能です。

上記試算においては250万円という金額はなんとかなりそうではありますが、目標とする350万円という金額には100万円届きません。

そこで私は原資の100万円を活用して、少しでも資金を殖やしたいと考えております。

資産を殖やすには、リスクをとる必要がある!

資産運用の方法はいくつもありますが、定期預金のような低リスクのものは、1年少々預けただけでは利息は微々たるものであり、正直やる意味が無いと考えております。

となると、ソコソコのリスクを取る必要がありますが、どうせリスクを取るのならば、最近ニュースなどでよく取り上げられ、価格が急上昇しているビットコインを代表とする仮想通貨に投資をしてみたいと思います。

仮想通貨への投資を行うにはどうするか?

仮想通貨と言っても、ビットコインぐらいしか知らない私でしたが、サイトで色々調べて、まずは専門の取引所にアカウントを開設する必要があることが分かりました。

取引所も一つも聞いたことがなかったのですが、大手資本が参加し、規模的に大きそうな『bitFlyer』とビットコイン取引高日本一を謳う『coincheck』の2社からスタートすることにしました。

アカウント開設自体は簡単で、免許証などの身分証の登録は必要ですが、すぐに完了しました。

早速、取引をスタートしようと思ったのですが、ビットコイン以外にも、色々と通貨の種類があり、また相場の動きも為替などと異なり、乱高下が激しいので、どのタイミングで取引をするか非常に悩ましいです。。。

取引所と販売所の違いって?

ビットコインを購入する際には、販売所取引所という場所があり、販売所は運営企業が提示する価格で仮想通貨を購入するというもので、購入時と売却時の価格が提示されています。購入時と売却寺の価格には価格差(スプレッド)があり、運営企業の取り分となります。

一方、取引所は、ユーザー間で取引の価格を決めて、取引をするもので、販売所よりも価格差は小さく、販売希望者、売却希望者双方にとって取引をしやすい場となります。ただ購入希望者と販売希望者の必要とする数・価格が合致しないと取引が成立しないため、大量に販売したり、売却をしたい場合には、時間がかかりますし、そもそも取引ができない可能性もあるようです。要するに一長一短あるということですね。

例えば、bitFlyerにおける現時点(8/23AM5:35)での販売所の購入価格は470,497(BTC/JPY)、一方売却価格は、434,380(BTC/JPY)となっており、その差はなんと36,000円以上もあります。この差をスプレッドと呼ぶそうです。

焦って取引をして早速、大失敗

私は相場の勢いに遅れを取りたくないと、販売所と取引所の違いを理解せず、急いでスタートしてしまったので、大きな失敗をしてしまいました。

私の失敗というのは、時間帯別の価格変動を示すチャートを見ていて、こちらでは購入価格と売却価格の中値の金額(452,562 BTC/JPY)が表示されていることに気づかずに、安く買えると思って販売所で購入をしてしまったことです。

つまり中値の価格で買ったつもりが、販売所の購入時価格470,497(BTC/JPY)で購入をしていたということです。仮に販売所で、ビットコインを売却しようと思ったら、売却価格が470,497(BTC/JPY)以上にならないとプラスの利益を上げることはできません。今よりも相場が36,000円以上上がらないと売れないという状況になります。

実際には販売所で購入したビットコインを取引所で売ることもできますので、もう少しスプレッドは小さくなると思いますが、販売所で購入をした場合、相場が安定していたり、下げ局面の場合、なかなか売り時がこない為、しばらく静観するしかありません。

仮想通貨初心者が陥りがちなミスだと思いますので、皆さんもご注意下さいね。
それとビットコイン以外の仮想通貨(アルトコインと言うそうです。)は、販売所でしか取引できないものもある為、よくよく確認をしてから取引をしたほうがいいですよ。

今回は焦って、仮想通貨の投資をして、大失敗してしまったというお話しでした。
引き続き、仮想通貨への取引は継続をしていきますので、改めて報告をさせてもらいますね。ではまた。

 

〜2018年12月31日まで あと『495日』〜