みなさん、はじめまして。

本サイト『進め!起業中年!』の運営者であり、現在41歳のキムラケンイチと申します。本業はしがないサラリーマンをやっております。

『進め!起業中年!』では、経営の経験も、ましてや起業の経験もゼロの私キムラが、2018年12月までという期限の中で起業を目指し、もがく姿を隠すところなくレポート致します。

なぜ期限が2018年12月までに起業をしたいのか?

現時点では残念ながら企画もお金も無い為、相応の準備期間が必要だということ、さらには現職で担当するプロジェクトも2018年12月でひと段落する為、整理がつけやすいという理由からです。勿論、現実的な期限を区切ることで自分自身にハッパをかけるという意味もあります。

お金の面では開業資金として350万円ぐらいは自由に使える資金を用意したいと考えておりますが、現時点で自由に使えるお金は100万円程度であり、現職の給与を貯蓄しつつ、資産運用で目標額まで積み立てるつもりです。

なぜ41歳で起業を目指す必要があるのか?

私はこれまで大学を卒業してから、19年と4ヶ月間、計7つの会社で様々な業務に携わってきました。41歳で7社目というと、驚かれることが多いのですが、そんな状況でも1日たりともブランク期間が無く、さらに年収も下がることなくここまでやってきたので、良くとも言えないが、決して悪いキャリアではないと思っております。

ではなぜ起業をしたいのかと言いますと、それは、どんなに会社の中で、頑張っても、自分自身に返ってくる見返りはそれほど変わるわけではなく、特に大企業系の会社になればなるほど、社内や親会社との調整に割かれる時間や負荷が大きくなり、何の為に、誰の為に仕事をしているのか分からなくなってくるからです。
現職への転職時に考えていたことではありますが、やはり私はサラリーマンとして、組織人としてソコソコのキャリアを歩むよりも自分自身の力で人の役に立つことをしたいと考えるようになりました。

家族もあり、住宅ローンも有りと身一つで何かを始めることはできませんので、これまでの経験から勝算の高いことにチャレンジする必要があります。

そんな状況で起業なんて、甘いし、絶対に無理だと思われるかもしれませんが、一度きりの人生ですし、悔いを残さない為にも、しっかりと準備をしつつチャレンジをするつもりです。今日から私は現職の業務を行いながら、起業に向けた準備をスタートします。

40歳以上で私と同じように起業を目指している方、なんとなく起業に踏ん切りがつかない方、ぜひ一緒に頑張りましょう!こんな私と情報交換したい方がいましたら、ぜひお気軽にご連絡下さい。

41歳の起業中年、キムラが今スタートします!!

〜2018年12月31日まで あと『497日』〜