『税理士資格を取得したが、会社内ではやりたいことができず、独立するしかなかった』

2016年に43歳で税理士事務所を始めた『えのきだしんご』さんは何を思い、どのようにして起業をしたのでしょうか。起業の経緯を語って頂きました。

名前:えのきだしんご  44歳

起業をしたビジネスの内容、設立年:

税理士事務所、2016年

起業しようと思ったきっかけ:

税理士の国家資格を取得したが、当時勤務していた職場では昇給が全くなく、また、希望していた仕事をさせてもらえないことがわかったため。

なぜそのビジネスを選んだのか?:

起業するのに必要な国家資格を取得したこともあるが、勤務時代に依頼人の喜ぶ顔を見て、自分のやりたい仕事で依頼人のために力を尽くそうと思ったから。

起業をするにあたり、誰に相談をしたか:

起業経験のある先輩や友人。税理士事務所に勤務している友人。家族や両親。

開業資金は準備をしたか? した場合はどの程度?そしてどのように準備をしましたか?:

・準備した:〇
・いくら?:500万円
・どのように?:給与の貯蓄&金融公庫の融資で

起業を考えてから、実際に起業をするまでの期間はどの程度か?:

約2年

準備期間にやっていたこととは?(○か×でご回答ください)

・起業セミナーでの情報収集:×
・ビジネスプラン作成:×
・事業計画書の作成:○
・ホームページの開設:×

起業に当たって、何に一番悩みましたか?

顧客が集まり軌道に乗るまでにどれくらい時間がかかるのか、というところ。

上記の悩みを解決し、最終的に起業に踏み切れたのは要因は?

設備投資もほとんど不要で、人件費も要らないので、これでだめなら仕方がないと割り切れたこと。

起業後のビジネスの状況について:

事業継続中。まだ起業後1年半足らずなので、軌道に乗ったとはいえない。徐々に顧客の数は増えているので、がんばるしかないと考えている。

現時点での満足度:

70/100点